マンションリフォームでの3大クレーム

マンションリフォームの3大クレーム

リフォームにおいて、
マンションと戸建の違い…それは「ご近所との距離」でした。

マンションなどの集合住宅におけるリフォームは、戸建住宅と違い、ご近所との距離が近く、リフォーム中に大きな迷惑をかけてしまうことも多々あります。

また、自分たちは気をつけていても、業者のマナーが悪く、ご近所に迷惑をかけてしまうケースも。
せっかく素敵な部屋を手に入れても、ご近所との関係が悪くなっては、楽しい生活は送れませんね。


ここでは、実際に起こりうるクレームを例に、
スムーズなマンションリフォームをする対策を考えてみましょう!
dc4775226e5370fa43eeef2d0b421186

クレーム① 「共用廊下の床が足跡で汚れている!」

クレーム① 「共用廊下の床が足跡で汚れている!」
施工者が部屋から共用部へ出る際、粉塵を拾って共用部分を汚してしまうことがあります。

汚れだけでなく、プランニングの段階でマンションの「共有部分」「専有部分」がしっかり確認できていないと、リフォームを始めることもできませんし、さらに大きなクレームにつながることも考えられます。

クレーム② 「作業音がうるさい!」

クレーム② 「作業音がうるさい!」
事前に作業を周知していても、夜勤などで生活スタイルが異なる住人からはクレームを受けてしまうこともあります。

また、在宅時間の長いお年寄り世帯からのクレームも多い傾向があります。

クレーム③ 「作業車両が邪魔で車が出せない!」

クレーム③ 「作業車両が邪魔で車が出せない!」
敷地外に駐車したり、駐車場の出入り口を避けられれば、大抵の場合問題はありません。

しかし、スペースの問題からどうしても住人の車の通り道に駐車せざるを得ないケースもあり、クレームにつながる可能性もあります。
こんなトラブルを起こさないためにはどうすればいいの?
dc4775226e5370fa43eeef2d0b421186

対策① マンションの管理規約をチェックしましょう!

対策① マンションの管理規約をチェックしましょう!
マンションには、管理組合によって定められた独自のルール、「管理規約」があります。通常、着工前にこの管理規約を確認し、管理組合(理事長宛て)に工事申請書を提出して、承認を得なければなりません。

プラン作成の段階はもちろん、決められた施工期間を必ず守るなど、管理規約を尊守して、ご近所との良好な関係を維持しましょう。

対策② ご近所への挨拶回りが大切!

対策② ご近所への挨拶回りが大切!
事前に工事工程を丁寧に説明して、住人の協力を得るのが基本です。特に上下、両隣、また施工階の住民にはリフォームの前に挨拶に回りましょう。

リフォーム工事行程表を提示して、音が発生する作業期間、特に「解体工事・大工工事」の日程の周知を慎重に行いましょう。

工事期間がはっきりすれば、住民の不満が軽減されます。

対策③ マンションリフォームが得意な会社を見つける

対策③ マンションリフォームが得意な会社を見つける
上記すべてのクレームを解決するポイントでもありますが、マンション特有の問題を解決、また未然に防ぐことができるのは、マンションリフォームを多く経験しているリフォーム会社、工務店です。

駐車の問題に対しては、敷地に駐車する場合は必ず携帯電話などの連絡先を明記した紙を作業車両に貼り付けておき、すぐに対応できるようにする、などの対策があります。

また、資材搬入車両が一時的に停車していた場合も、至急移動させるなどの対応が必要です。