中古マンションを買う前に確認しておきたい5つのポイント

中古マンションを買う前に確認しておきたい5つのポイント

「知らなかった!」と後悔したくないですよね?
事前に押さえておくべきポイントをお教えします。

中古マンションは、「購入+リフォーム」の場合であっても、戸建や新築マンションを買う場合に比べるとリーズナブルな価格で購入できる可能性が高いのが魅力です。

購入してから自分好みにリフォームしてカスタマイズしようとお考えの方も少なくないと思います。
1
ただ、なんでも自由にできるのかというと、そうではありません。
マンションの管理規約によっては「予定よりも工事費がかさんでしまった!」、「工期がのびてしまった!」など、思わぬトラブルに合う可能性もあるのです。
そうならないためにも、
次の5つのポイントをしっかり把握して、マンション購入に臨みましょう!

① 既存住宅の図面はあるか

2
図面があるだけで、理想のマンションリフォームにグッと近づきます。

図面がないと、実測に頼るほかないので手間がかかる上に、正確さを欠きます。
設備がどのように納まっていて、配管経路はどうなっているかなど、解体してみないとわからないため、予定よりも工期が延びてしまったり、工事費がかさんでしまうこともあります。
壁式構造 -壁と床で建物を支える構造-
3
梁がなく、壁によって建物を支えている構造です。
鉄筋コンクリートの壁が多く必要なため、耐震性があること、また室内に柱が出てこないので、部屋を有効に使えるというメリットがあります。

反対に、間仕切りの撤去に制限があるので、間取り変更が自由にできない可能性が高いのがデメリットです。
ラーメン構造 -間取りの変更が比較的自由-
4
柱と梁で建物を支えているので、ほとんど全ての間仕切りを取り外すことができます。
そのため、部屋と部屋を繋げるなど、大掛かりな間取り変更がしやすい点がメリットです。

反対に、構造上柱が撤去できないので、特に部屋の4隅に柱が突き出てしまう可能性が高いのがデメリットです。

② 撤去できない、しにくい壁はないか

5
壁の中でも特に、水まわりの壁はブロックやコンクリートでできている可能性が高いです。
そのような場合、建物の構造上壁を撤去できなかったり、余計に手間がかかってしまう場合がある上、思い描いたような間取りにできない可能性もあるので要注意です。

また、壁にクラック(ひび割れ)がないかどうかも事前に忘れずにチェックしましょう。

③ 床下及び天井裏の寸法

6
排水のため、床下には大きなスペースを確保することが必要です。
もしそのようなスペースがない場合には、水まわりの位置を大きく変えることができないので要注意です。

天井裏も同様に、照明やキッチンの排気システムによっては、位置を変更するのに自由がきかない場合があります。
また、天井をチェックするときは水漏れがないかも忘れずに!

④ 窓の仕様はどうなっているか

7
窓の断熱性能が低いと、冷暖房効率が悪くなります。
効率を上げるためにインナーサッシなどを設置すると、その分余計なコストがかかってしまうので、必ずチェックしましょう。

また、マンション周りの生活音がどのくらい気になるか、これも忘れずに事前にチェックしておきましょう。

⑤ リフォームに関する管理規約はあるか

対策① マンションの管理規約をチェックしましょう!
材質や工法など、設計に直接関係がある事柄は、事前に確認した上で設計に反映させておく必要があります。
マンションの管理規約を必ずチェックしましょう。

また、特にそのような規約がなかった場合でも、管理組合や隣接住戸との十分なコミュニケーションと事前協議が必要です。