せっけんのススメ

先日、引越しをしました。土居です。

こんにちは。。


4月末に引越しをしたので、

先日 『ミヨシ』 の 『せっけん泡のハンドソープ』 を持って

お隣へご挨拶に伺いました。
e14371ae51669bb957310b59c5522379
いつもは 『シャボン玉石けん』 社を好んで買うのですが

売ってる店が少ないので、今回は初めてミヨシの商品を購入。


『環境のことを考えて石けんを使いましょう』 ということを

初めて学んだのは、12年前でした。

短大の時の先生が、1つの石けんを持参して授業を始めました。


先生は肌が弱く、海外ブランドの口紅を使ったらくちびるが真っ赤に

腫れ上がり、それ以来、化粧品は自然素材で出来たものを購入、

または自分で作っているとのことでした。

「きれいになっているつもりで

みんなが顔に塗ってるのは、ど~く~!!(毒)」

多くの化粧品は石油からできていて、それを落とすために添加物の

たくさん入った強力なクレンジングを使って肌に負担をかけた上、

流れていく排水は環境に負担をかけるとのことでした。


その時、先生が持参していた石けんが『シャボン玉石けん』でした。


「今すぐにその化粧品を使うのを辞めなさいとは言いません。

ただ、こういうせっけんがあるということを知って、このせっけんを

作っている会社の心意気を知ってください。

私は回し者ではありませんよ。」 とおっしゃって、

『詳細自由・テーマは環境・4000字レポート・なるべく多くの本を

読んで・来週まで』 という言葉と共に授業を終えられました。

それまで、化粧品や洗剤の原料を気にしたことがなかったので、

その日の授業は新鮮に響きました。


にしても。。レポート。。

でも、取り組み始めると意外と苦にはなりませんでした。

界面活性剤の入った洗剤を使うことで、川の水が泡立ち、

溶けきれずにいること。

分解されずに残った界面活性剤が赤潮の原因になっていること。

原因は1つではないのでしょうが。。


さてさて、レポートを書いて、私も添加物の入った商品は一切

使わなくなったか?『石けん』しか使わなくなったか?


正直なところそうでもありません。


やっぱり、19歳。。

家で使う洗剤を買ってくるのは私じゃないし、

いい匂いのシャンプーが好きだし。。


それでも『シャボン玉石けん』は買ってみたし、授業で習ったことは

頭のどこかに残っていました。

このブログに書き込む今日の日まで。。。


主婦になった今、惰性で洗剤を買ってしまうこともありますが、

少しずつ意識して自然素材の洗剤を使うようになりました。

洗濯洗剤は半年ほど前から完全に自然素材のものを使っています。

試行錯誤で、使いにくいものは台所石けんに回したり。

どこで使っても安心なんですよね。


それから漂白剤。

事務所のタオルの洗濯は、洗濯機がない代わりに

酸素系の漂白剤を使っています。
904e15579b3e59e7a90b32f1b005f0ad
○○ハイターは無理ですが、これなら素手で触っても私は平気です。


すごく長くなりましたが。。

結婚をして、社会への役割が確実に変わってきたように思います。

大げさですが。。

きっと子供が生まれたりするともっと変わるのでしょうか。


今、家にあるストックも添加物の入っているものは全部捨てなくちゃ!

ということではなく、気負わずに、

少しずつでも気持ち良いと思えるもの、方法を選び取っていきたいな。

と思います。。


ありがとうございました。。。