土間のある渋谷オフィスリノベーション工事の配管工事が完了

P4270002
渋谷のマンションスケルトンリフォーム工事の設備配管工事が完了しました。 専有部分の給水管・排水管を全て新設しました。
haikann
既存は、塩化ビニルライニングが使われており築56年の配管内部は、かなり腐食していました。
給水管は時代によって、使用されている管材が違っていますが、一般的には塩化ビニルライニング鋼管が現状大半です。
その継手部分のネジ切り部よりサビが発生し、サビコブが出来ます。これが原因で配管に穴が空き漏水の恐れがあります。
91155c86f5ca19db64bbfc6aebf6d738
弊社スタジオエスパシオでは、給水配管に架橋ポリエチレン管を採用しております。
架橋ポリエチレンとは、熱可塑性プラスチックであるポリエチレンの分子間のところどころを結合・架橋(クロスリンク)させ、熱硬化性プラスチックのような立体網目構造にした超高分子量のポリエチレンです。これにより、原料であるポリエチレンの長所を保ったまま、さらに耐熱性、耐クリープ性、耐薬品性等の長期性能が向上します。
特長
衛生的で安全・清潔で安心
水質に影響を及ぼさず、赤水の発生や、スケールの付着しにくいパイプです。
優れた品質
耐震性・耐寒性・耐熱性に優れ、長期間水漏れ等の心配がありません。
優れた耐久性
耐塩素水性に優れ、酸・アルカリなどの薬品にも強く、長期間の耐久性を持ったパイプです。 
優れたパイプ強度
強い耐クリープ特性を有し破損しにくい材料です。