実は断熱と健康、すごい繋がりがあるんです。

毎日寒い日が続いているので、部屋の寒さが気になるところです。
先日時事通信でこんな記事がありましたのでご紹介

住宅断熱化で血圧低下=居住者の健康への影響調査―国交省

住宅の断熱化で冬季の室温が上がると、それに伴って居住者の血圧が下がる傾向にあることが13日、国土交通省が発表した断熱改修による健康への影響調査の中間報告で分かった。
室温が低いほど血圧が高くなり、高齢者ほど上昇幅が大きくなる傾向も確認された。
中間報告によると、165人を対象に断熱改修前後の室温と血圧の変化を調べた結果、断熱化で室温が平均2.7度上昇したのに対し、最高血圧は同1.0mmHg低下。室温が上がるほど血圧は下がる傾向が見られた。
また、冬の起床時の室温と血圧の関係を1753人分のサンプルを用いて分析したところ、室温がふだんより10度低くなれば最高血圧が7.3mmHg高くなることが分かった。さらに年齢が10歳上がると血圧の上昇幅は8.8mmHgとより大きくなり、中間報告は「高齢者ほど住宅の室温低下に注意が必要」と指摘した。 
時事通信より抜粋

弊社、スタジオエスパシオでは、断熱リフォームを承っております。
お気軽にご相談ください。専門のスタッフがベストなアドバイスをいたします。